2010年12月11日

韓国映画dvd「善徳女王」のトンマン王女の言葉、「人は得るより切る時の方が難しい」は大企業トップにも当てはまる

韓国映画dvd「善徳女王」は、朝鮮で初めて女性皇帝となった新羅のトンマン王女の伝記dvdですが、「人は得るより切る時の方が難しい。だから私は、いったん得た人を、なるべく切らないようにしている」と、裸の王様になるのを防ぐことを言っています。なるほどと思いました。

これは、日本の大企業のトップの自戒の言葉にもなります。

トップになると、側近や部下の互いの足の引っ張り合い、中傷合戦が始まり、トップが公平で謙虚で明敏な頭を失って、どちらかの訴える中傷を真に受けて、片方の忠誠心があり能力のある側近や部下を切るようになれば、都合の良いことかお世辞しか言わないものばかりに囲まれ、裸の王様となり、最後にはクーデターが起こるか、業績不振に陥り、追い出されます。3-7年でこのようになりがちです。


posted by こう at 17:07| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

韓国映画dvd「千秋大后」:当時の朝鮮と周辺国の関係わかる

韓国映画dvd「千秋大后」を、かなりの巻数をみましたが、面白いです。年末までに残りの10巻が貸し出され、年末と正月の楽しみにしてます。

朝鮮を統一して高麗国を建国した王建(ワンゴン)の孫娘が千秋大后で、武術に優れ、当時の契丹、宋、女真族、契丹に滅ぼされた渤海国(テジョヨン建国)にもまれながら、国の運営に乗り出すところです。柔弱な兄の皇帝を廃して、クーデターを起こす直前です。高麗国の首都は現在の平壌。

当時の中国の宋、勢力を伸ばしつつある契丹、女真族、旧渤海国、朝鮮の関係がこれまでわかりませんでしたが、韓国映画dvd「千秋大后」をみると、周辺国との関係がわかります。
posted by こう at 10:56| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

韓国映画DVD「善徳女王」23巻目:逆に腕をトラの口に押し込む

新羅国の女帝になったトンマン王女の伝記の韓国映画DVD「善徳女王」は、23巻目ほどから面白くなってきました。

双子は王室に不運をもたらすと捨てられ砂漠で育ちましたが、成人して新羅国に帰り、王宮内で軍隊や祭祀を握って実権を持つミシルという女性と対抗し始めました。父の皇帝は、実権をほとんどミシルに奪われている状態。

劣勢のトンマン王女が強敵のミシルとの闘いは、トラに腕をかまれたら、あわてて引っこ抜こうとせずに、逆に腕をトラの口に押し込むやり方です。新羅国の先帝のか先々帝のチヌル大帝は、そのようにしてトラの難を逃れました。

宮本武蔵の「五輪書」にも、「振りかざす白刃の下は地獄なれど、一歩踏み出せば極楽なり」といっています。

posted by こう at 16:33| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

韓国映画dvd「噂のチル姫:結婚の奥の深さ描く・共感と励み

韓国映画dvd「噂のチル姫」40巻をみていると、以前にみたことを思い出しました。

韓国映画dvd「噂のチル姫」は、有名人の歴史物語、宮廷物語、財閥2世と結婚する玉の輿物語では、それぞれなく、一般庶民の家庭物語、その娘4人の結婚物語です。

父親は軍人で、雪の日に風呂敷包みひとつのような結婚。

長女は、かいしょのある男性と結婚したが、お互いに浮気。浮気相手と結婚。男性の二人の子供を引き取り、男性とともに実家で暮らす。

次女は陸士卒で中隊長。長年の男友達が好きで結婚しようとしたが、派手好きで奔放な三女にとられてしまう。お付の副官と結婚し、双子を生む。

末娘は、家庭教師と仲良くなり妊娠。食料品店を営む家庭教師の母と同居。

祖母の死ぬ前の願いで、4人娘の親は、結婚式を挙げる。

韓国映画dvd「噂のチル姫」をみていますと、一般庶民とその娘が、比較的、自分の気持ちに正直に生き抜いているのが描かれています。

結婚や結婚生活も、就職、転職、儲け話、株と同じく、なかなか思い通りにはならず、何があるかわからない奥の深いものであることも描かれているため、韓国女性の心をつかんだのだと思いました。計算をしたから、うまくいくとも言えません。必ずしも、まじめにやったから、うまくいくとも限りません。チャランポランでも、うまくいく時もあります。妙なものです。

ありふれた家庭の4人娘のことが描かれているため、比較して共感と励みを多くの韓国女性に与えたのだと思います。
posted by こう at 14:54| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

古いが韓国映画dvd「噂のチル姫」をみ始め:韓国女性の心をがっちりつかんだ

韓国で最高のテレビ視聴率だった「チュモン」と視聴率を競ったと言われる韓国映画dvd「19歳の純情」全28巻をみて面白かったので、同じく「チュモン」と視聴率を競ったと言われる韓国映画dvd「噂のチル姫」をみ始めています。

韓国映画dvd「噂のチル姫」は韓国女性の心をがっちりつかんだ韓国映画dvdと言われ、その理由は何かを知るために、一寸古い韓国映画dvdですが、み始めています。

韓国映画dvd「噂のチル姫」は、韓国軍人を父に持つ4人娘の生き方を描いたものです。

父親役は、全斗換元大統領を描いた韓国映画dvdで陸軍参謀総長を演じた男優です。

長女は好きでない金持ちと見合い結婚し後悔中。次女は陸士卒で中隊長。三女は病院勤務で、派手好きでサラ金に900万ウオンの借金がある。四女は家庭教師付で陸士を目指して勉強中だが、家庭教師とこっそり付き合っている。

韓国映画dvd「19歳の純情」全28巻を二回全巻をみてから、イ・サンと善徳女王の続きをみようとすると、重苦しく感じて、続きを見るのを中止しています。韓国映画dvd「19歳の純情」をみてから、映画dvd の趣味が少し変化したようです。
posted by こう at 11:27| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

韓国映画dvd「19歳の純情」のユヌの妹のユンジョンの生き方:馬鹿利口・不運タイプの逆

韓国で最高のテレビ視聴率だった「チュモン」と視聴率を競ったと言われる韓国映画dvd「19歳の純情」の前半15巻を再度見終わりました。

韓国映画dvd「19歳の純情」は、中国の朝鮮族出身でソウルに来た19才の女性のグッカとIT大企業のUT社の二代目のユヌとの恋愛物語が中心ですが、ユヌの妹のユンジョンの生き方も、いろいろ考えさせられます。

ユヌの妹のユンジョンは、創業大企業のお嬢様で大事に育てられ、苦労知らず。

世間知らずで、無鉄砲で、非常識、結構いい加減な性格。しかし、明るくて憎めない性格。

ユヌの妹のユンジョンは、一見馬鹿なようですが、結果良しの生き方を
韓国映画dvd「19歳の純情」で見事に演じています。こういう生き方は無欲で度胸がないと、なかなかできません。

ユヌの妹のユンジョンの生き方を見ていますと、馬鹿利口。

いっぽう、実世間では、利口馬鹿も、結構多いと思い出しました。礼儀正しい、高学歴、口も文も一人前以上、慎重で利口に見えます。その割には、3-5年後や20-30年後に、仕事や結婚や子供運などで、逆の結果になりやすい不運タイプ。
posted by こう at 13:38| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

テレビ用のDVDプレイヤーやっと買う:視力低下防ぐため・3980円

これまで映画dvdはパソコンで見てましたが、パソコンで一日で映画dvd3-4巻見ると、目が疲れてかすんでくるため、テレビで見れるDVDプレイヤー(グリーンハウス)を3980円で、貸しビデオ屋で買いました。

テレビで見れるDVDプレイヤーのほうが、画面が大きいため目が疲れないのはわかっていたのですが、これを買うと、さらに映画dvd をつい多く見てしまい、仕事に支障をきたしたり、夜更かししたり、毎日の運動の時間に食い込んで散歩などしなくなりやすいので、これまで買いませんでした。

しかし、パソコンでの映画dvdの見過ぎで、視力が2割ほど落ちた感じがしてきましたので、視力低下防止のために、最近やっとテレビで見れるDVDプレイヤーを買いました。

安いDVDプレイヤーなのでちゃんと映像が出るかなと思いましたが、ちゃんと出ます。

取り付け、操作も意外と簡単でした。テレビのスイッチを入れ、テレビのリモコンを入力切替して「ビデオ1」にした後に、テレビの画面下の赤、白、黄色の穴に、DVDプレイヤーに取り付けた赤、白、黄色のコードを差込み、DVDプレイヤーの電源コードを家の電源に差し込みます。

テレビのリモコンを入力切替して「ビデオ1」にしないと、映画dvdは見れません。これは、忘れやすいので注意点です。
posted by こう at 10:32| 映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。