2012年06月25日

孫文革命軍の総司令を描いた「1911」DVD:すがすがしい香気

カンフー俳優のジャッキー・チェン出演100回目出演記念の孫文中国革命軍の総司令・黄興を描いた「1911」というDVDを見ましたが、すがすがしい香気を感じました。ジャッキー・チェンが、黄興を渋くうまく演じてます。

清朝の軍閥の袁世凱が孫文はどのようにして、中国各省のトップを統治しているのだと、省のトップに尋ねると、省のトップは「無私無欲によってだ」と答え、袁世凱は一瞬意外な顔をして「そんな人間がいるのか?」と、、、。

私は、これまで3本ほど孫文の中国革命のDVDみてますが、「1911」は中国革命の内容がかなり省略してありますが、すがすがしい香気を感じました。


posted by こう at 12:09| 映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。