2011年07月04日

日本人のルーツとは?韓国映画 dvd「ヨン・ゲソム」13巻から

韓国映画 dvd「ヨン・ゲソム」13巻には、韓国人からみた日本人のルーツが語られていました。

日本人のルーツは、西暦18年に朝鮮の南部に鉄の王「スロ」によって建国された伽耶国(かやこく)。

7世紀に朝鮮での初女帝で新羅国の女帝となったトンマンの伝記を描いた韓国映画 dvd「善徳女王」にも、滅亡した伽耶国の遺臣の復活の努力が描かれています。

チュモンによって建国された高句麗国は、中国の隋の煬帝の大軍を追い払って、隋滅亡の原因を作りました。その後、唐建国の李世民の大軍にヨン・ゲソムが宰相の7世紀に攻められましたが追い払いましたが、唐の女帝の則天武后の大軍に2回攻められ、負け滅亡しました。

高句麗の宰相のヨン・ゲソムは、唐の襲来に備え後方を安定させるため、倭国(日本)と同盟しようとして使節を派遣。その当時の倭国(日本)の国王はヨン・ゲソムの父親によって仏教を伝えられ、ヨン・ゲソムの父親を師ともした。新羅の王族が唐と新羅と倭国と同盟して、高句麗を滅ぼそうと、倭国(日本)王に会いに来てます。

当時の倭国は、高句麗の同盟国の百済から王をたびたび派遣されていた。「百済とは兄弟国。百済は兄で、倭国は弟」と倭国王は言っています。


posted by こう at 14:42| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。