2012年11月21日

韓国映画dvd「王朝の暁〜趙光祖伝〜」に旧日本陸軍、東電、シャープ、パナソニックなどを思う

久しぶりに韓国歴史映画dvdをみました。韓国映画dvdは、日本の底の浅いサラリとしたものと比べると、人間のすさまじい喜怒哀楽が描かれ、ドロドロしており、みていると疲れますが、それに慣れると、日本の映画dvdは物足りなく感じて、みる気になりにくくなります。

今回、久しぶりにみた韓国歴史映画dvd「王朝の暁〜趙光祖伝〜」もそんな内容です。ソウルに首都を置いた李朝の行財政改革に取り組んだ趙光祖の伝記です。

最後は既得利権側のデマ攻撃、クーデターもどきに会い、自分を支持していた皇帝にも裏切られ、失脚。皇帝からの賜毒で死にました。普通は一杯目の毒で死にますが、二杯目の毒を静かに求め、飲んでから死にますが、そこに趙光祖の無念さと無言の苦言・心意気を示していると思いました。

このようなことは、どのような大組織にも昔からあることですね。改革派や正直にものを言う人は、つぶされやすい。このために、ゴマをすって、利用できる間は利用した方が得との考えが大組織で蔓延し、トップは舞い上がって裸の王様になり、暴走して、行き着くところまで行かないと止まらない。組織はズタズタ。ゴマをすってトップを盲にする罪は大きいと思います。トップも時々冷たい水で顔を洗って、同じ人間からの耳あたりの良い言葉ばかり聞かず、外の空気も吸うべきです。

旧日本陸軍、東電、シャープ、パナソニックなど最近の家電業界なども、そうではないかと思います。



posted by こう at 11:19| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。