2011年06月21日

則天武后が中国で初の女性皇帝になり方とは?

則天武后がどのようにして中国で初の女性皇帝となったか、韓国映画dvd「ヨンゲソム」を最終回の23巻までみて、わかりました。良くも悪くも烈女ですね。

唐建国の李世民の側室だった則天武后は、李世民の死後尼寺に入れられたが、李世民の息子で李世民の次の唐の皇帝に呼び戻されて、側室に返り咲く。父子2代続きの側室になる。

李世民の息子の皇后は、子供がいない。則天武后は李世民の息子との間に男子と女子を産み、その女子を自分で絞め殺し、その罪を李世民の息子の皇后になすりつけ、殺してしまう。このようにして、則天武后は皇后になる。

皇后になってから、病弱で目の悪い李世民の息子に変わって皇帝になる。皇帝になってから、唐建国の李世民が大遠征して目に負傷をおった高句麗を滅ぼしてしまう。

この則天武后も、高句麗の将軍の息子のテジョヨンにはてこづり、2回の大攻撃に失敗し、テジョヨンに渤海国を建国させてしまう。このあたりは韓国映画dvd「テジョヨン」に詳しいです。


posted by こう at 14:57| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

韓国映画 dvd「ホン・ギルトン」と東日本大震災や福島原発事故

韓国映画 dvd「ホン・ギルトン」を全巻見ました。義賊兼世直し集団の物語です。皇帝の弟のクーデターに協力もして成功させ、国防大臣や国税長官にもなりましたが、路線の違いから、最後は逆賊とみなされ討伐され滅びました。

韓国映画 dvd「ホン・ギルトン」の最後の場面が印象的でした。「リーダーが弱いもの、大衆のことを忘れると、世の中が移り変わっても、いつの世にも、自分を犠牲にする者、死を恐れない者が立ち上がるだろう」と、昔の風景から、現代のビル街、鉄道のプラットホームが映し出されたことです。

そういえば、腹きり、特攻で蛮勇をはせた日本人も、戦後60年以上経つと、すっかり上品、いや、ふぬけになったのかも、、、。

東日本大震災や福島原発事故に対する日本人の態度を外国人にほめられて、うれしがってばかりおれないですね。

いまから50年前ならば、学生、労組、右翼が立ち上がっていましたが、、、。
posted by こう at 10:54| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。