2011年02月19日

韓国映画dvdの「鉄の王 スロ」と日本の政界:松下幸之助さんや稲盛会長はどう思う?

韓国映画dvdの「鉄の王 スロ」を8巻まで見ました。スロがだまされて奴隷の身分まで落ち、逃げようとして捕まり拷問を受けた後に簀巻きにして海に捨てられそうになりましたが、以前に命を助けたインドの豪商の娘に助けられ、造船の技術を身につけ造船所の親分として初めて造船に成功したところです。

韓国映画dvdの「鉄の王 スロ」を見て、つくづく思うのは、朝鮮で初代の王や豪商になっている人物は、大事に育てられておらず、ほとんど一度はだまされてか無実の罪を着せられて奴隷の身分にまで落ち、そこから這い上がっていることです。渤海国を建国したテジョヨン、海神の主人公など。

朝鮮などの大物は、艱難汝を玉にする伝です。大物は育てられるものでなく、艱難で玉を磨いて自分自身で育つ者だと思いました。

日本の政界を見ていると、特にそう思います。松下幸之助さんでさえも、あの程度の政治家しか育てられなかったのかと、、、。京セラの稲盛会長も、、、。稲盛さんも創業者として名声を博しましたが、あの程度の政治家の先生面では、同じ程度に見られてすっかり晩節を、、、ですね。


posted by こう at 17:02| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。