2010年10月13日

韓国映画DVD「善徳女王」23巻目:逆に腕をトラの口に押し込む

新羅国の女帝になったトンマン王女の伝記の韓国映画DVD「善徳女王」は、23巻目ほどから面白くなってきました。

双子は王室に不運をもたらすと捨てられ砂漠で育ちましたが、成人して新羅国に帰り、王宮内で軍隊や祭祀を握って実権を持つミシルという女性と対抗し始めました。父の皇帝は、実権をほとんどミシルに奪われている状態。

劣勢のトンマン王女が強敵のミシルとの闘いは、トラに腕をかまれたら、あわてて引っこ抜こうとせずに、逆に腕をトラの口に押し込むやり方です。新羅国の先帝のか先々帝のチヌル大帝は、そのようにしてトラの難を逃れました。

宮本武蔵の「五輪書」にも、「振りかざす白刃の下は地獄なれど、一歩踏み出せば極楽なり」といっています。



posted by こう at 16:33| 韓国映画 dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。